市販のものは気をつけて!陰毛の白髪染めで1剤2財式は危険!

 

陰毛に白髪を感じる様になったのは私の場合は30代の初めからでした。
当時はふとお風呂の中で自分の陰毛を見ると白髪があり、本当にびっくりしたものです。

 

一番最初の対処法としては毛抜きでせっとせと抜いていました。
また抜く事に疲れてくると、母がドラッグストアで買ってきた白髪染めを借りて染めたいた事もありました。
その時に母が使っていた白髪染めは1剤2財式のものでしたので、かなり面倒だった事を覚えています。

 

しかし当時は自分自身で白髪染めを購入した事がなかったので白髪染めは1剤2財式の物が、一般的なものだと思って利用していました。

 

30代の後半になると、陰毛に白髪が以前より増えて様な気がしました。
当時はその事を夫にも指摘されたことがありまして、凄くショックだった事を覚えています。

 

しかし、夫の一言から以前、彼氏に指摘された事を思い出したのです。
それはまだ結婚前でしたので、確実に私は20代でした。
20代の時にお付き合いしていた彼に陰毛の白髪の事を言われた記憶がかすかにあったのですが、もしかしたら、20代の頃から私の陰毛には多少の白髪があったんだと思いました。

 

30代の後半で真剣に自分の陰毛の多さに悩みました。
友人にも相談しようと思いつつ、結局繊細な話なので陰毛の白髪の話は出来ずにいました。

 

これは私だけの悩みなのか?それとも女性は30代の後半ともなれば陰毛に白髪は出るのが当り前なのか?分らずに時が過ぎました。

 

一つ言えるのは陰毛に白髪はありましたが、私の髪の毛には白髪は1本も自分では発見する事がないでいたので、髪の毛には白髪はないと言う確信がありました。

 

どうして陰毛だけ白髪で髪の毛には白髪が出ないのか?とても謎でした。
その不思議さを抱えたまま、たま〜に実家へ泊った時は、洗面所にある母の白髪染め1剤2財式を拝借する生活が続いて、実家に帰る時だけ陰毛の白髪を染める様になりました。

 

夫にまた何か言われたくないので、一応あからさまに白髪が目立つ様になると毛抜で抜くか、母の1剤2財式の白髪染で染めるという生活が数年間続きました。

 

 

1剤2財式の白髪染めで肌がかぶれた!

 

 

しかし、ある時にいつもの様に母の白髪染め1剤2財式を使っていると肌に異変が起きたのです。
生理前で肌が敏感になっていた事もあるのかも知れませんが?陰毛の周りがかぶれたのです。

 

今まではそんな事はなかったので焦りました。
母にも言う事が出来ず、ネット検索をすると陰毛を1剤2財式の白髪染で染める事が大変危険と言う文字が目に飛び込んできたのです。

 

今まで普通に使用してたものが危険だなんて、いったいどういうことなの?と、ネット検索を進めていくと、危険、危険の文字が飛び交っていると同時に1剤2財式で陰毛を染めた人の皮膚がかぶれてしまった事の口コミが多数あるのです。

 

それも全部私と同じ症状の人ばかりでした。
私の場合はあれ?皮膚が痒いけれどどうしたんだろう?と思うことから始まりました。

 

その後、生理も始まり益々陰部の肌が蒸れた事が原因なのか?痒かった部分が赤く腫れました。
しかし皮膚科に行く事に凄く抵抗がありまして、そのまま暫く様子を見る事にしました。

 

生理が終わり、何か塗り薬をつけようと思ってとりあえず、ドラッグストアで女性の繊細な部分のかぶれの塗り薬を購入しました。

 

数日間で何とか痒みと腫れと赤みは取れました。しかしその瞬間にもう以前の様に母の白髪染めを使って陰毛を染める事が出来ないと思いました。

 

そして、その話をかなり何でも話せるママ友に相談したのです。
すると、驚いた事にママ友も陰毛に白髪は普通に30代の頃からあるよ!と言うのです。しかも普通にさら〜っと言うのです。

 

その相談をしたのは私が44歳の時でしたので、この年齢で陰毛に白髪がある事は普通だし、みんな言わないだけで確実にあるよ・・・と言うのです。
そして母の白髪染め1剤2財式のものを使いかぶれた話をしたら、陰毛の白髪を染めるのに1剤2財式の白髪染めは危険すぎるよ〜と言われたのです。

 

 

陰毛の白髪染めにおすすめなのはトリートメントタイプ

 

 

当時は髪の毛の前髪部分にちらほら白髪が出ていましたが、まだ白髪が少ない事もあり、美容院で2ヶ月に1度程度カラーをしてもらうと白髪が隠れるため、白髪染を自分で購入をした事がないから、陰毛の白髪染なんてどんな物を使えば良いのか分らない・・・と話しました。

 

するとママ友が勧めてくれたのは、今、ヘアカラーや白髪染めでもお風呂の中でトリートメントして使用できる物が沢山出ているから、お風呂の入るたびに陰毛にもトリートメントする感じでつけると、ソフトにやんわり染まるからいいよ!と言われたのです。

 

出来れば天然素材の商品を使うといいよと言われました。
早速ネットで調べてみたら、天然素材のトリートメントタイプの白髪が染まるものが沢山ありました。

 

またママ友からのお勧めで、陰毛の白髪を目立たなくさせるのは、毛を短くカットする事が良いとの事でしたが、ハサミを使うとチクチクするので、お香やお線香を使い毛を短くするのが一番お勧めとの事で、それかは月に1度程度お香を使用して陰毛を短くしています。

 

そしてお風呂に入った時に陰毛に使える天然素材のトリートメントタイプの白髪染めは週に2回程度(1日か2日置き)の使用で白髪をソフトの染めてくれている気がします。

 

これからも肌になるべく危険な事を避けて、陰毛の白髪と戦っていきたいです。
その為には常に情報のアンテナを立てていたいと思います。

 

 

陰毛の白髪染めのおすすめ!購入前に知っておきたい3つのポイント