陰毛に白髪が生える原因は?かゆい症状等を防ぐ染め方について!

30代辺りに突入すると頭部に白髪が生えてきたという方は多くなりますが、白髪は陰毛部にも生えてくる可能性があり、デリケートゾーンに白い毛が生えてくると驚くものです。

 

デリケートゾーン故に素人判断でいじったり、染めたりすると、かゆい原因になったりかぶれたりというリスクがあり、どのようにケアすれば良いか迷う方は多く居ます。

 

まずはこの部位に白い毛が生えてくる原因を知って、その上で適切な対策を行う必要がありますが、加齢や遺伝、栄養不足、ストレスや血行不良等が挙がるものです。

 

陰毛の白髪が生える原因

 

加齢による白髪化は早い方は20代でも起こりえますが、大体30代半ば以降に増えてきて、遺伝に関しては両親と同様の遺伝情報を引き継ぐ可能性が高いですから、両親がデリケートゾーンに白い毛が生えているという場合は、高確率で引き継いでしまう可能性があります。

 

頭部でも陰部でも栄養不足に陥れば色素を産み出す細胞の弱体化が起こり、色が白くなっていく可能性が高いですし、ストレスや血行不良は切っても切り離せないものであり、ストレスによって血管収縮が起こり血行不良になり、血行不良は全身の血流悪化から健康や美容面全体に悪影響です。

 

頭部で起こる原因と同様のものであり、こうした原因を取り除いたり緩和する生活習慣に切り替えると、改善の可能性があります。

 

 

陰毛の白髪を改善する方法

 

切ったり剃ったりという事は根本解決にはならないですが、一時的なその場凌ぎとしては有効であり、デリケートゾーンにカミソリ等の刃物を当てる事は慎重な処理が求めらるものです。

 

抜く事によって切ったり剃るよりも効果持続が長くなりますが、抜けばその後同じ毛穴から数本生えてくる可能性がありますし、何よりも抜く事で肌を傷つけて細菌侵入により、かゆい症状やかぶれに発展する事もあります。

 

頭部に使う白髪染めを陰部に使うという方法もあり、陰毛専用の商品は無いのですが、天然成分の優しいものを使うと有効です。

 

こうした毛髪を染める商品は強い成分を使っている事が多く、商品選択を間違えるとかゆい状態が続いたり、肌トラブルに発展する可能性が高くなります。

 

一般の商品を使うとリスクが高いですから、無添加天然成分で肌に極力優しいものを使うと、デリケートゾーンのように肌が弱い部位にでも使用可能です。

 

天然成分だから必ずしも安全とは言えないですが、化学合成物質のものと比較すれば圧倒的にリスクが少なく、相性の悪いハーブを使っていない場合は肌への影響も少なく、かゆい症状等に悩まずに陰部を染める事は可能になります。

 

塗ってすぐに洗い流せるような、入浴中使用が可能なタイプを選択すると良いですし、陰毛部は清潔に洗ってから染める事が必要です。

 

 

陰毛の白髪ってかゆくなる?

 

頭部に白い毛が生えてくる時には、頭部がかゆくなると言われており、これは頭皮炎症が起こる事が発端と言われています。

 

白い毛は通常の毛と比べて太さと硬さを備えているものが多く、白い毛が生えてくる過程では毛穴刺激が起こり、それがかゆみとに繋がるものです。

 

陰毛でも同様であり、かゆみが起こってから白い毛が生えてくるという例は多く、肌が軽く炎症を起こしている状態ですから、そこに刺激の強い染髪商品を使うのはリスクがあり、特にデリケートゾーンの肌は非常に弱いと考えて対策していく事が必要になります。

 

白い毛が生えてくる理由や対策方法、注意点を意識した上で適した染髪商品を活用すると、陰部の毛の色に悩む事もなく、銭湯等に堂々と行く事が出来ますし、肌トラブル全般を防いで安全に結果を出す事が可能です。

 

高刺激の商品を使って肌トラブルに陥った場合は、使った商品を持って医師に相談する事が望ましく、そうする事で適切な処置を行ってもらいやすくなります。
基本的には、低刺激の白髪染めを使用すれば、問題なく白髪を染めることができますよ。

 

 

陰毛の白髪染めのおすすめ!購入前に知っておきたい3つのポイント