白髪の陰毛を抜くからといって増えることは無いけれど…

 

白髪の陰毛は、抜くとだんだん増えるということはありません。
ただ、抜いたとしても同じ場所に生えてくるので、あまり意味が無いでしょう。

 

逆に抜くと肌が傷みますし、上手く抜けなかった場合、毛が埋もれてしまうこともありえます。
抜いて肌も傷めるよりは、はさみなどで切ったほうが肌も傷みません。
肌スレスレで切ると、はさみが肌に当たったりして傷つけてしまう可能性もありますので、余裕をもって切ったほうが良いでしょう。

 

陰毛に白髪が混じっていたり、完全に白髪のほうが多いと、見栄えなどを気にして抜いてしまいたくなる気持ちは分かりますし、実際に抜くこともあるのかもしれません。
確かに、そのときはそれで良いかもしれません。
ですが、後々の肌のことを考えると、決して良いとはいえませんし、出来ることならやめたほうが良いでしょう。
白髪が増えることはありませんが、肌が荒れることは十分に考えられますし、痛みが出てくる人だっているかもしれません。

 

 

陰毛を抜くと痛い?

 

 

陰毛を抜いたことがある人は分かると思いますが、あの痛さは尋常ではないと思います。
それを何度も繰り返すことを想像しただけでゾッとする人は、案外多いのではないでしょうか。

 

白髪は、1本でも見つかれば確かに気になります。
それなら、抜くという選択肢ではなく、はさみで白髪が目立たないところまで切るという選択をしても良いと思います。
もちろん、はさみで切ったからといって白髪が増えるということもありません。
その点は安心です。

 

そもそも、白髪の陰毛を抜いて良かったと思っている人はいるのでしょうか。
いたとしてみ、あまりにもリスキーなのでやめるべきですし、今影響は出ていないかもしれないけれど、近いうちに出たり、しばらくして忘れた頃に出るということも十分に考えられます。

 

確かに、抜くとしても白髪は増えることはありません。
ですが、だからといって良いものではないでしょう。
人の目を気にして白髪をなんとかしようと思ったのに、抜くことでデリケートゾーンを傷めてしまえば、やはり人の目を気にすることになってしまいます。

 

 

 

陰毛の白髪は切るか?染めるか?

 

 

白髪の陰毛をどうにかするには、肌を傷つけないということで考えれば、やはりはさみで余裕を持って切るというのは1番安全でしょう。
それが嫌なら染めるという方法もあります。
ですが、染めるということはやはり肌にも多少負担がかかってしまいます。

 

そこで、おすすめなのが肌に負担のかからない無添加の白髪染めです。
刺激が少ない分色が入るまでに時間がかかりますが、何回か使っていくうちに白髪に色が入っていきます。

 

とにかく、増えることはないからといって抜くのは危険です。抜くことによる危険性についても、しっかり考えるようにしてください。
そして、自分が納得出来る方法で処置をするようにしてください。

 

 

陰毛の白髪染めのおすすめ!購入前に知っておきたい3つのポイント