ちょっと待って!陰毛の白髪染めを使用する際の注意点とは?

陰毛に白髪が混じっているのを見つけると少なからずショックを受けるものです。
最初のうちは抜いていても、段々と白髪が増えてくるといちいち抜ききれなくなってきます。
そこで最近では陰毛を染める人も増えてきました。

 

しかし、実際に陰毛専用の白髪染めがある訳ではありません。
市販の白髪染めの中で、陰毛に使用できる商品を選んで使用することになります。
注意点としては、商品を選ぶ際に口コミで実際に陰毛に使用した人達の感想を参考に選ぶと良いでしょう。

 

 

陰毛の白髪染め選びのポイント

 

陰毛の白髪染めを使用する際の注意点として、商品の選び方があります。
最近では殆どの白髪染めはインターネットで購入することができて大変便利ですが、その商品を知らずに購入して使用すると、思わぬトラブルになる可能性もあるのです。

 

白髪染めに関しては成分を良く確認することが大切です。
天然由来の成分は化学物質成分よりも安全性が高いことは確かです。
成分表を良く見て天然由来の成分であるかを確かめてから購入しましょう。

 

 

デリケートゾーンは身体の中でも非常に皮膚が柔らかく、敏感な部位です。
陰毛に白髪染めを使用する場合には、原材料の他にも添加物に対して注意点があります。
白髪染めに化学物質の成分を含んでいるものは避けた方が良いでしょう。
特に最近の白髪染めには「パラフェニレンジア」という成分が含まれているものがありますが、体質により重大なアレルギーを起こす可能性があります。

 

香料のきつい白髪染めも刺激が強くアレルギーを起こす場合があるので注意しましょう。
無添加と言ってもある特定の成分が無添加であり、中には化学物質が含まれているものもあるのです。

 

 

清潔な環境で白髪染めをする

 

陰毛に白髪染めを使用する際の注意点として、清潔に使用できる環境を整えることも大切です。
デリケートな部分で常に湿気があるので雑菌が繁殖し易く、白髪染めを使用する際には感染症を起こさない様にケガなどしていない時にします。

 

入浴中に使用できるタイプのものであれば、使用後に洗い流して肌を清潔に保つことができます。
一般的には最短で塗ってから10分程置いたあと洗い流すタイプの商品が多くなります。
お風呂で身体全体が温まっている状態の方が染まり易く、洋服に付く心配がないので後始末も楽になります。

 

自分の部屋で陰毛を染めるというのはシチュエーション的に難しいので、お風呂で染める様にした方が何かと好都合です。

 

 

1剤2剤式の白髪染めは使用しない

 

陰毛に白髪染めを使用する際の注意点として、「刺激により痛みを感じる可能性がある」ということを心得ておきましょう。
デリケートな部分ですのでちょっとした刺激に弱く、白髪染めの染料が皮膚に付くことでヒリヒリとしたり、中には湿疹ができてしまうこともあります。
特に1剤と2剤に分かれていて、使用時に混ぜるタイプの白髪染めはかなり刺激が強く、頭髪に使用していても肌荒れを起こす可能性があることから、プロテクトクリームが付いてくる商品もあり、陰毛に使用しない方が良いでしょう。
万が一使用中に少しでもヒリヒリしたら、すぐに洗い流すことが大切です。

 

 

陰毛を染めた後も定期的に使用する必要がある

 

陰毛に白髪染めを使用する際には、使用後に関しても注意点があります。
天然由来成分の白髪染めの場合、肌に優しいのですがすぐに染まる訳ではありません。
中には最初は3日間連続使用する商品もあります。

 

段々と白髪が染まり、その後も定期的に使用することで色をキープできるのです。
一度染めてしまえばおしまいという訳ではないので、定期的に使える様に値段が安かったり、手に入り易い商品を選びましょう。
最近では白髪染めシャンプーという商品も販売されています。

 

シャンプーとして毎日使用することで、段々と自然に白髪が目立たなくなってくるというものです。
他の白髪染めよりも肌に対する刺激がより優しくなっていますので、使用してみると良いでしょう。

 

 

トップページへ戻る